関連科目

「安全性分析」で企業の健全度合や支払能力を検証しよう

投稿日:

関連科目

アウル先生
今回は証券外務員試験の「関連科目」から『安全性分析』について説明するよ!

安全性分析とは?

安全性分析とは、企業の健全性や資金繰りに懸念がないかを見る分析です。

トラ丸
安全性が低いと、倒産するリスクが高かったり、資金繰りに不安があるということだね!

安全性分析は、目的によって「流動性分析」「資本構造の健全性分析」「資本の調達構造分析」の3つ分けることができます。

流動性分析

流動性分析は、短期で支払わなければいけない債務に対し、十分な支払余力があるのかを見る分析手法です。

▼短期安全性分析に使われる指標

流動比率(%):流動資産/流動負債×100
当座比率(%):当座資産(※)/流動負債×100
※当座資産・・・現預金+受取手形+売掛金+有価証券
アウル先生
原則、流動比率と当座比率は高い方がより安全と言えます。

資本構造の健全性分析

企業が保有している長期的な運用資産(固定資産など)が、長期的な資金調達によってまかなわれているかを見る分析手法です。

▼長期安全性分析に使われる指標

固定比率(%):固定資産/自己資本×100
固定長期適合率(%):固定資産/(自己資本+固定負債)×100

資本の調達構造分析

資本調達において、自己資本と他人資本への依存度を計算して、安全性を見る分析手法です。

▼資本調達構造分析に使われる指標

自己資本比率(%):自己資本/総資本×100
負債比率(%):負債/自己資本×100
トラ丸
自己資本比率は高い方が望ましいよ。一方、負債比率は低い方が良いとされているよ。

-関連科目
-,

Copyright© 証券外務員スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.