関連科目

「金融システムと証券市場」で金融の基礎を身につけよう

投稿日:

関連科目

アウル先生
今回は証券外務員試験の「関連科目」から『金融システムと証券市場』について説明するよ!

直接金融と間接金融

資金の供給者から資金の需要者へと資金が流れる(融通される)ことが金融の本質です。

この資金の流れには、銀行等の金融機関を通じる間接金融と、証券市場を通じる直接金融に分けることができます。

間接金融

間接金融では、資金の貸し手(供給者)と借り手(需要者)との間に、銀行等の金融機関(金融仲介機関)が介在します。金融仲介機関は資金供給者から資金を借りて(集めて)、貸付先に貸しつけます。

トラ丸
間接金融では、金融仲介機関が資金回収にかかわるリスクを負うよ!

直接金融

直接金融では、資金の貸し手(供給者)と借り手(需要者)の間に金融仲介機関が介在せず、証券市場を通じた証券(株式や債券など)の取引により行われます。

アウル先生
直接金融では、資金の貸し手(投資者)がリスクを負います。

発行市場と流通市場

証券市場は、その役割・機能により発行市場流通市場に分けられます。

発行市場(プライマリー・マーケット)

資金調達を目的として新たに発行される証券が、発行者から直接、あるいは仲介者を介して投資者に第1次取得される市場をいいます。

トラ丸
第1次取得は、証券が発行されて最初に所有することだよ!

流通市場(セカンダリー・マーケット)

すでに発行された有価証券が、第1次投資者から、第2次の投資者、第3次の投資者へと転々と流通する市場をいいます。

-関連科目
-,

Copyright© 証券外務員スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.