商品業務

「債券の基礎」と特徴について解説するよ

投稿日:

商品業務

アウル先生
今回は証券外務員試験の「商品業務」から『債券の基礎』について説明するよ!

債券とは?

債券とは、国、地方公共団体、事業会社などが広く一般の投資者から資金を調達する手段です。

トラ丸
国が発行する債券は「国債」、地方公共団体が発行する債券は「地方債」、事業会社が発行する債券は「事業債(社債)」と呼ばれているよ!

債券には投資者にとって次のような特徴があります。

債券の特徴①:収益性

多くの債券は発行時にあらかじめ約束された一定の利子が支払われる確定利付債となっています。金利低下局面では利子以外に債券自体の値上がり益も期待できます。一方、金利上昇局面やインフレに弱い側面も持っています。

債券の特徴②:安全性

通常の債券には償還期限が定められていて、償還期限が到来すれば元本が返済されます。ただし、発行者の財政難や業績不振により償還不能(デフォルト)となるリスクもあります。

債券の特徴③:流動性(換金性)

償還期限の前であっても、市場で売却・換金することが可能です。ただし、回収できる元本は市場相場によって変動し、元本割れする可能性もあります。

債券の保証・担保

債券は無担保で発行されることも多いですが、万が一の事態に備えて元利金が確実に支払われるよう、種類や銘柄に応じて保証や担保が付いているものもあります。

  • 政府保証債:元利金の支払いについて政府の保証が付いている債券
  • 一般担保債:発行者の全財産から、他の債権者に優先して弁済が受けられる優先弁済権が付いている債券
  • 物上担保債:発行者の保有する土地、工場など特定の財産を担保に付けている債券

-商品業務
-,

Copyright© 証券外務員スタディ・ラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.